会長方針



会長 山田 剛康

 

この度、東京町田東ロータリークラブ第28代(2018-2019年度)会長をおうせつかりました山田剛康です。

昨年度は幹事を務めさせていただき、様々な場面で多くのローターリアンの皆様から学ぶことの多い1年でした。今年度、会長として、会員の皆さんと一緒にクラブ運営に携わってまいりますが、まだまだ学ばなければならないことは多く、皆様のご協力と助言をお願いいたします。

今年度、バリー・ラシンRI会長のテーマは「インスピレーションになろう」です。前向きな変化を生み出し、今日直面する課題に希望と創造性をもって、会員、クラブ、地域社会、そして組織全体で課題解決のための施策を引き出していく取り組みが必要であると述べています。クラブの改革・改善・整備を進める中で、持続可能な変化をもたらすクラブ運営を目指します。どうぞ宜しくお願いいたします。

      

       

クラブの今年度のテーマは

1.全会員参加のクラブ運営

2.会員一人一人の工夫と提案

3.各委員会活動の活性化とクラブ協議会の実施

4.クラブの持続可能なマネジメントサイクルの構築

Plan(計画)→Do(実施)→Check(見直し)→Action(改善)

 

クラブは2020年に創設30周年を迎えます。5年後、10年後のクラブを見据えながら、一年間活動してまいります。どうぞ皆様のご理解とご協力をお願いいたします。